[PR]


原因になる男性の仕事や行動

日本人の8割が腰痛を訴えていると言われています。女性は男性よりも筋肉の量が少なく弱いことが原因で男の人よりも腰痛になる人が多いのですが、最近では男の人が腰痛になるケースも増えている傾向にあります。

腰痛原因.comでは原因や治療法、予防策など腰痛でお悩みの方に役立つ情報をお伝えしていきます。その他にも健康や食生活など私達の生活の中で為になる情報をお伝えしていますので、役立てて下さい。

先ほども触れた男の人の腰痛になる理由ですが、一番は仕事によるものです。仕事で肉体労働をしている男性は長年重い物を持ったりする事が多くなりそれが積み重なって椎間板ヘルニアを引き越すケースがあります。

長距離のトラック運転手や、バスやタクシーのドライバーも長時間座っている事が腰の痛みを引き起こします。また、仕事でデスクワークをしている方も長時間椅子に座り続けています。

これも痛みを引き起こしてしまいます。日常の行動でも原因はあります。例えば普段デスクワークを仕事にしている人が急に重い物を持ち上げた時などに起こるギックリ腰です。

使われずに鍛えていなかった筋肉を急に動かしたり、無理な姿勢で荷物を持ち上げようとした場合などに起こります。意外なところでは喫煙が男性の腰痛の原因になっています。

煙草に含まれるニコチンは腰の痛みを引き起こすというデータがあります。背中の骨と骨の間にある椎間板ですがこれはクッションの役割をしています。ニコチンは血管の収縮をさせる作用があります。

椎間板に栄養を送っている毛細血管も収縮させてしまいます。その為に椎間板には栄養が十分に行きとどかず、栄養不足になります。すると変形が起こったりします。その事が原因になり、腰が痛くなるのです。

それから椎間板の原料となるコラーゲンですがコラーゲンはビタミンCから作られます。煙草にふくまれる物質にはビタミンCを壊してしまうのです。その事が椎間板の老化を早める結果になります。

男の人の腰痛で座り方に問題があるケースもあります。座る時に男の人であぐらをかく人がいます。座っている時は立っている時の1.5倍の力腰にかかります。あぐらの体勢は背中を丸めるような形になります。

背中を丸めることにより腰への負担は更に大きくなり腰痛を引き起こすのです。男性特有の腰痛の理由として腎臓の疾患があげられます。男の人の腎臓の位置は腰の上部にあります。

左右1つずつ腎臓はあるので、仕事や喫煙など日常生活の中で腰痛の原因が見当たらない場合は腎臓に疾患があるのかもしれません。それから前立腺の病気も男性の腰痛の原因になります。

気付かないうちに尿道から菌が前立腺に入ってしまい、炎症を起こす前立腺炎という疾患は男性の腰痛を引き越す原因となります。前立腺の病気でもう1つ恐いのが、前立腺ガンです。

これも男性特有の腰痛の理由になります。男性の腰に痛みを引き起こす要素はたくさんありますが生活習慣の中で腰痛の予防をする事も出来ます。

長時間座っている場合は30分おきや1時間おきに軽いストレッチを行ったり筋肉を鍛える運動を行ったり、姿勢や歩き方を意識すれば生活習慣の中で起こる腰痛を防いで痛くならないようにする事が出来ます。

喫煙による腰痛ですが、禁煙をするのが望ましいといえます。しかし、いきな禁煙は出来ないという人はカルシウムやビタミンCなどを含む食材を多く摂るなど心がけましょう。

肥満も原因になりますから、食べ過ぎには注意して下さい。肥満は腰痛の原因になります。肥満を防ぐ為にも運動不足を解消してストレッチやウォーキングやジョギングなど軽い運動を行いましょう。

普段使わない筋肉も鍛えられますし、ダイエットにもなるので腰痛を予防することになります。普通の腰痛ではないなと感じたら、泌尿器科を受診することも考えましょう。

早くに腎臓や前立腺の病気をみつける事が出来れば完治する期間も短くて済みますし、軽い治療で済むでしょう。


お薦めサイト一覧

脊柱管狭窄症でお悩みなら脊柱管狭窄症.jp

変形性膝関節症 治療でお悩みならこちらの治療法をお試しください。

頚椎ヘルニアの治療でお悩みの方は頚椎ヘルニア 治療NAVIをご覧ください。

一括査定サイトで車を高く売る方法をご紹介しています。


新着情報

 2016年12月08日:TOP
 2016年12月08日:頚椎ヘルニアとラグビー
 2016年12月08日:健康と運動